Report & Photo Gallery

STANLEY

2022 STANLEY RACE QUEEN

2022.11.13

RD8 MOTEGI REPORT FROM MIYUKI

2022 STANLEYレースクイーンの仲 美由紀です。



ついに迎えたSUPER GT 2022シーズンの最終戦。

「勝たないといけない。なんとしても勝つ。ポールを獲って勝つ。」という山本選手と牧野選手の力強いメッセージ動画を見てからサーキットへ向かった予選日。

Q1は山本尚貴選手が担当しました。

ピット内はいつも以上の緊張感が漂っており、セクタータイムがベストタイム、トップタイムと更新されていき、モニターを見守るチームの皆さんに笑顔が見えてきた時、少しだけ緊張が和らぎました。

トップタイムでQ1を終えた時のピット内は、すでにポールポジションを獲得したかのような喜びと笑顔に溢れていました。
Q2を担当した牧野任祐選手。
アタックが始まり、セクター1のタイムがトップタイムで更新された時からだんだんと気持ちが高まり…
100号車がコントロールラインを通過した時の、グランドスタンドの皆さんのフラッグ、湧きあがった声援、拍手が今でも忘れられません。
コースレコードも更新し、モニタートップに表示された100号車の文字とピット内で喜びをみんなと分かち合う山本選手の姿。
スタンレー電気様、スポンサーのお客様皆さま、チームのみんなが笑顔と涙に包まれたその時の喜び。
無線から聞こえてきた牧野選手の嬉しい言葉、全てが絶対に忘れられない感動の瞬間でした。

最終戦のグリッドボードを担当させて頂き、ポールポジションのグリッドまで先頭を歩かせて頂く間の綺麗な景色に、喜びと今まで以上の緊張でいっぱいでした。
スタンド席から大旗を振って頂いている姿、フラッグや手を振ってくださる皆さん、多くのSTANLEY、チームクニミツファンの皆さんに、とても嬉しい気持ちになりました。
各グリッドにマシンがつき、ポールシッターとしてピットロードから出る100号車のマシンをメカさんと見守り…
とても綺麗な青空の中を暖かい日差しを浴び、マシンがシルバーに光り、ヘッドライトを光らせながら、最後にグリッドに到着した100号車は最高でした。

毎戦、グリッドでマシンを迎えることに喜びを感じていましたが、これまでにない景色と感情を実感することができました。

マシンを作り上げて下さったチームの皆さん、小島監督と選手、チームみんなの戦略。
そして、予選でQ2へ繋いでくださった山本選手、ポールポジションを獲得して下さった牧野選手。
全ての方に感謝と感動が忘れられない瞬間でした。
スタートは牧野選手が担当されました。完璧なスタートでトップを走り続け、安定した走りで周回数を重ね、2番手のマシンとのタイムギャップを順調に伸ばしていきました。

ピット作業も皆で見守る中、迅速に行われ、ピットインを終えたマシンの中でトップでコースへ戻ることができました。

燃費走行をするシーンがあっても、後ろを走る2番手のマシンには絶対先を越させない、山本選手の強い安定の走りに、安心してしまいそうになりながらも何が起こるかわからない緊張のレース展開が続きました。
そして、最後までトップを走り続ける強さに喜びを感じながら迎えたファイナルラップ。
ピットの中でスタンレー電気様、スポンサーの皆様、チームのみんなとモニターを見守り、マシンが最終コーナーを立ち上がった時、フェンスに駆け寄るチームのみんなの姿を見られたことが嬉しかったです。

そして、トップでチェッカーを受け、優勝が決まった時は、本当に嬉しかったです。

小島監督の笑顔を見ることもでき、ピットでは全員でグータッチで喜びを分かち合うこともできました。
“POLE to WIN”

予選日にトップタイムで繋がったバトンを決勝へトップで繋ぎ、優勝を飾る…チームクニミツは本当に強い。
「俺たちは強い!!」この言葉を改めて実感し、応援して下さる皆さんへ届けることができた最終戦でした。
ピット内には、スタンレー電気株式会社の皆さまからの応援メッセージがありました。山本選手、牧野選手、チームの皆さんだけでなく、私たちへのメッセージも頂くことができ、すごく嬉しかったです。

STANLEYレースクイーンとしての活動が決まる前、暖かそうな雰囲気のチームだと感じていた“TEAM KUNIMITSU” 。

実際にシーズンを迎えた時、チームの皆さんがいつも優しく温かくサーキットで迎えて下さり、一緒に喜びや悔しい想いを感じながら毎戦サーキットで共に戦うことができて嬉しかったです。
最後のスポンサーPRステージも沢山の方がステージ前にお集まり下さり、フラッグやタオルを振って下さる姿、終わった時に頂いた拍手がとても温かく感じました。
相方のエレナちゃんとは、毎戦完璧にこなすことができたステージは、最後まで安心して立つことができました。

ピットウォークやキッズピットビューイングもチームのグッズを身につけて来てくださるファンの皆さんに囲まれ、いつも皆さんの熱さを実感できる時間でした。
皆さん、1年間沢山の応援、本当にありがとうございました!
現地に会いにきてくださる皆さん。
SNSを通して発信、応援してくださる皆さん。
皆さんの応援がいつも心強く嬉しかったです!


シリーズランキングは3位。チャンピオン奪還へは惜しくも届きませんでしたが、シーズン最後に優勝し、皆んなで喜び合えたこと、笑顔で幕を閉じることができ、本当に嬉しかったです。

けれど、嬉しいだけでなく、どこか少し悔しさを感じてしまうのは…私がSTANLEYレースクイーンとして、この1年間チームクニミツで共に戦ってきたことで、変化した私の感情なのかなと思いました。

来シーズンこそ、チャンピオン奪還へ。
100号車の強い走りをまた皆さんと一緒にサーキットで見られることを祈り…
引き続き、100号車 STANLEY NSX-GT
TEAM KUNIMITSUの応援をよろしくお願いいたします!!


SUPER GT 2022シリーズ
皆さん、本当に応援ありがとうございました!
ページトップ